スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年より再始動!

ご挨拶が出遅れてしまいました。

みなさま、あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


久しぶりにブログを開いてみて、最後の更新がまさか去年のお正月だったとは、、、びっくりしました。


実は、2017年は作れない、作らない1年でした。
作ることがつらくて、でもそれになかなか気づけず、展示のお誘いをいただいてプレッシャーにやられ。。
でも、辞退するならするでもう一緒にイベントができなくなってしまうのでは?それも怖くてにっちもさっちもいかず。
結局は辞退させていただいたのですが、それを主催者の方が優しく受け入れてくださって、心の鎧が外れた感じがしました。


イタリアの生活から日本で生活の感覚を取り戻すことは、思った以上に大きなストレスだったんだなって、だいぶたってからわかりました。
その自覚がないまま、2016年は心に鎧を着た自分を鞭打って作り作り作り、鎧の重さに潰されてしまった。


昨年一年は自分の心の声を聞くことを意識しました。

わかったのは、作ることはやらなきゃいけないこと、製作の期間は一人での籠り作業で自分を孤独にしてしまうもの(寂しがりな自分にはつらい)、そういう風に捉えていた自分。
楽しく作れないと作品に対して愛着も自信もわかない、そんな自分の作品が人に見てもらえるわけがない、と、どんどん負のスパイラルに陥っていたこと。

そして、日本では、どこにも出かけちゃいけないと、自分を縛ってしまう癖も発見しました。
イタリアにいた時は近隣をかなり旅行していたけれど、日本でそれはやっちゃいけないと無意識に思っていた。

人からこう見られたいとか、人にあっといわせたいとか、自分自身に対してもそういう気持ちが本当はすごく強いってわかったし、作品に対しても同じで、こう見て欲しい、思って欲しいとか気にしながら(気にしすぎなくらい)作ってたことに気づきました。


1年間革から離れ、行きたいと思ったタイミングで海外にも行ってみて、作りたいっていう気持ちがちょっとずつわいてきた。そして、やっぱり私はいろんな国で人や文化に触れるのが好きです。
イタリアにいた時のように、飛び回って、作って、それでいいんだって、ようやくたどりつけました。
自分が好きな材料を使って、自分が好きなものを作って提案したらいいんだって。自己表現なんだから。

そう思えるようになって本当によかったです。


今年から少しずつ製作を再開して、委託販売のお店を探したり、活動の場を模索していきます。

2018年もArmonia d'Auroraを、どうぞよろしくお願いたします。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。